離婚準備

離婚したいけど、実家には帰れない。実家に頼らずに生活していく方法

実家に帰れない

離婚はしたいけれど、様々な事情で実家には帰れない(あるいは、帰らない)という人がいます。

離婚後あなた1人であれば、特に支障はないでしょう。

しかし、子どもが居る場合は、今後1人で子育てをしていくことに不安を感じてしまうという方もいるでしょう。

私が実家に帰らなかった理由
  • 子どもと元夫を引き離すことを、申し訳なく感じてしまった。
  • 私自身が父親と折り合いが合わなかったこと

実家までは、飛行機を使う程、遠方でした。地元に帰れば親の手助けが期待できますが、私は、帰らない選択をしました。

離婚後、実家(地元)には頼らずに生活をしていこうと考えている方の参考になれば、幸いです。

離婚後、実家に頼らずに生活するために必要なこと

今後、実家に頼らないでシングルマザーとしての生活を送る為に、大切なことをまとめました。

子どもの後ろ姿

子どもが小さいうちは、無理のない働き方を

今現在、仕事をしているという人はいいのですが、今から就職活動を行う方は、ぜひ無理のない働き方ができる仕事を見つけることが大切です。

特に、現在まだお子さんが小さい場合です。

お子さんのためにバリバリ働いて貯金するぞ!という、気持ちは分かります。

しかし、子どもが小さい頃は頻繁に体調を崩すため、思うように働けないという可能性が高いです。また、離婚で家庭環境が変化した中、お子さんの精神面においても、目が離せない時期でもあるからです。

実家に帰れないのであれば、体調不良時にもお子さんを預ける事は難しいですよね。

離婚したばかりの時はなるべく無理はせず、少しずつ様子を見ていくことをおすすめします。

実家には頼れないからこそ、無理のない働き方を!

いざという時に頼れる人を見つけておく

離婚後、困った時に頼れる人はいますか?どうしても困った…ということが、あった時に、頼りになる人がいるという事は、とても有難いことですよ。

友達

離婚後、実家に頼れない人にとって、友達という存在はとても大きいですよ。

例えば、シングルマザーのお友達はあなたの回りにいますか?

シングルマザー同士であれば、あなたの苦労や困りごとに共感してもらえるでしょう。

頼りすぎは禁物。持ちつ持たれつの関係で、助け合っていくことができれば、あなたにとって大切な味方になるはずですよ。

ファミリーサポートセンター

ファミリーサポートとは、地域での助け合いの事業です。

サポートしたい人とサポートが欲しい人が事前登録し、自治体がマッチングをしてくれます。

  • サポートしたい人の研修を自治体が行っている
  • 万が一の事故のために保険に加入してくれる
  • 費用は一部自治体が負担してくれるので、安価

上記の理由から、安心して利用することができます。

子どもの送迎や、数時間預ける事ができます。

ファミリーサポートのサービスは、事前登録が必要です。困った時にスムーズにサービスが利用できるように、離婚前から自治体に確認し、登録を済ませておくことをおすすめします。

義理両親、元夫

離婚後可能であれば、義理両親や元夫を頼りにすることも1つの手です。

しかし、離婚後の関係性によっては頼れないパターンも多々あるかと思います。

私の場合は、元夫に市営団地の入居の保証人になってもらいました。(友達には頼りづらかったから)

自分の健康ケアを怠らないようにする

シングルマザーは体が資本といっても過言ではありません。

あなたの体調が悪くなれば、家事、育児、金銭的なこと…すべての歯車が回らなくなってしまいます。

だからこそ、無理はしないようにしましょう。

養育費の取り決めを離婚前にきちんとしておく

お金

実家に頼れないのであれば尚更、金銭面の取り決めをきちんとしていて下さい。

私はシングルマザー時代、いつも思っていました。

「お金は私を裏切らない」ってことを。

お金があれば、ほとんどの苦労が解決できるからです。

今現在、養育費の取り決めはきちんとされていますか?公正証書の取り決めはちゃんとしていますか?

次のような方は要注意です。

✔︎夫が公正証書作成を拒んでいる
✔︎夫の提示する養育費が低すぎる
✔︎離婚後、養育費を支払わなくなりそうで不安

そんな方は、弁護士などの専門家に依頼することで解決できる可能性があります。

\今すぐチェック/

相談さぽーとで養育費の相談ができる専門家を探す

相談さぽーとを利用すれば、専門家の紹介を無料で行ってもらえます。登録方法は簡単です。

離婚後に実家に頼れない状況なのであれば、金銭面での不安を解消しておくことは大切です。ぜひ、専門家に依頼して、養育費の問題を解決しましょう。

実家に頼らないシングルマザーの生き方・まとめ
  1. 無理をしない生活、働き方を目指すこと
  2. 離婚後、頼りにできる人を見つけておく
  3. 自分自身の健康を大切にすること
  4. 養育費をきちんともらっておくこと

これらの事に気をつけていれば、実家に帰れなくても、なんとかできます。

もちろん、家事が手抜きになってしまうことも多々あると思います。
でも、お子さんは家事が手抜きだろうが、あなたが笑顔でいてくれることが嬉しいんですよ。だから、完璧を求めなくていいんです。

実家に帰れなくても大丈夫!応援してるよ。

今現在、実家に帰れないことで離婚を躊躇したり、離婚を不安に思っているあなた。

その不安はすごく分かります。

でも、きっと大丈夫。私自身も不安を感じながらの一歩でした。

実家に帰れなくても、あなたの離婚後の生活が輝くものになることを願っています。