プロフィール

<女のぶんきてん>管理人「むーみー」プロフィール

はじめまして。<女のぶんきてん>を運営している「むーみー」です。
こちらを見に来てくださってありがとうございます。簡単ではありますが、自己紹介をさせていただきますね。

プロフィール

  • 元夫の不倫でバツイチ、今は別の人と再婚して主婦33才
  • 子ども3人(再婚して3人目出産)
  • 趣味はウクレレ・歌うこと
  • 人と話すのは好きだけど、家が好き

ざっと言うとこんな感じです。

毎日、3人の子育てや家事に追われて忙しい毎日だけど、楽しい毎日を送っています。

しかし、数年前。私は暗黒の時期を過ごしていました。

旦那の不倫にめちゃくちゃ苦しんだ過去。大変だったけど、得ることもあった。

旦那が不倫をして、数年間、相当苦しい思いをしましたが、不思議と憎しみの気持ちは消えてきた所です。今、不倫されている人は、辛さから逃れようとしていたら、抜けられるから大丈夫だよ。

不倫事件より少し前から夫婦関係は崩れてはきたけど、私達なら大丈夫と思っていたあの頃

人生何があるか、分からないものですよね。

私は、24才で3年ほど付き合った彼氏と結婚しました。それが元夫です。
元夫は、かなり行動派なタイプ。友達も多くて、面倒見もいい。悪く言えば破天荒でしたが、いつも私を楽しませて、笑わせてくれる人でした。

1人目が生まれた後、私たち夫婦は夫の夢を叶える為に、引っ越しをしました。

その後くらいから、ちょっとずつ夫婦の歯車が崩れきました。

  • 家計を支える為に、私が正社員になり夜遅くまで働く
  • 慣れない環境でお互いイライラ
  • 子育て、家事の負担が夫の方へ偏る
  • ひどい喧嘩で、私が家を追い出される

その後、私が転職をして、家族の時間を取れるようになってからは随分と落ち着いてきて、仲が回復してきた所に、2人目を妊娠、出産。家も購入しました。私は仕事で色々あったので退職し、夫の仕事を手伝うことに。

これからは、大丈夫かな・・・?と、思ったところでした。

急に冷たくなる夫。妙に私の親友と仲が良い疑惑。

ちょうど同じ時期、ものすごく仲良くできる友達ができました。彼女はシングルマザーでした。私は彼女を家に招き、よく一緒に夕飯を食べたり、家族ぐるみで付き合っていました。感覚としては、「大人になってから初めての親友」といった感じ。

・・・ここまで、来ると読んでいる方も気付きますよね!?

そうそう。親友(A)と夫がデキてしまったのです。

どっひゃーーーって感じでしょ(笑

いやいや、今だから笑っていますが、その時は、どん底でした。

この前、自分のノートを見ていたら、私の書いた遺書が出てきました。
子どもも居るし、やっぱり怖いので、そこまでの勇気は無かったと思います。だけど、その時は悩みが辛すぎて、消えてしまいたいと思っていました。

1ヶ月の別居を経て、離婚を決意

離婚に到るまで、相当いろんなことがあるのですが、自己紹介で書くには長くなりすぎるので、ちょっと省略します。(また今後のブログに書いていきますね)

離婚が目の前に見えてきたとき、当然ながら「養育費の話」になりました。

始めは、夫は「月に3万払う」と言いました。少なくはありますが、まぁ仕事に出ている時は、私の方が稼げていたので、3万ならば良いだろうと思うことにしました。

私は「書類に残して欲しい、嫌なら調停をしたい」と言いました。

夫は頑なに嫌がりました。

「俺は所得が低い。家庭裁判所の判例だと、俺は養育費を払わなくても良いと言う判定レベルだけど、それでも、調停する?俺は毎月3万円払う気持ちでいる」

A子からは慰謝料50万払って欲しいと、自分で言いにいきました。

そんな話し合いの度に、大きな声で罵られ、精神的に疲弊していきました。

市営団地を申し込むにも、離婚届を出してからと言われ、早く出ていきたいと思った私は、きちんと書面に残さないまま、離婚届を提出してしまいました。

結局、我が家の全現金だった500万を私が受け取りましたが、持ち家は夫の持ち物になりました。好きだった私の家も、出て行くことになりましたが、戦う気持ちはほとんど起こりませんでした。

親にも、最後まで旦那の不倫を言い出せなくて、頼ることができませんでした。

あっという間に守られなくかった養育費

離婚して、すぐ私は元々ついていた福祉関係の仕事にパートで復帰しました。賃金は8万円。パート代と養育費、児童手当、児童扶養手当を合わせればなんとかやっていけてはいましたが・・・

あっという間に、養育費3万円は守られませんでした。

書面も、なんもないんですもんね。もう、本当自分馬鹿だなぁ・・・
夫に払って欲しいと言っても無駄でした。

離婚してやっと弁護士のところへいくが・・・

ここで、ようやく弁護士へ相談へいきました。そして、元夫と調停を行うことになりました。しかし、夫は払えないの一点張り。そして、確定申告での収支もマイナスになっており、支払いはできないだろう、と言われてしまいました。

結局、弁護士費用は支払い損になってしまいました。

後悔ばかりが募りましたが、夫が離婚したい!と言っている時、「養育費払ってくれなきゃ、絶対離婚しない」と断固拒否すべきだった、と。

離婚する前に弁護士に相談すべきだったなぁ・・・と激しく後悔しました。

夫に不倫されて養育費もないのに、得られたものって?

不倫もされて、養育費も支払われなくて、得られたものってなんなのよって思われるかもしれませんが、実は色々あるんですよ。

不倫されて、得られたもの=今までには無かった気持ち(感覚)

  • 一生絶対続くと思っていた事が、終わるということは、普通にある。
  • 愛が終わるのは、裏切りではなく、一つの現象である。
  • 人の気持ちは、良くも悪くも変わる。
  • お金の取り決めは、すごく大切。
  • 人にはいろんな心の痛みがある。
  • 憎しんでいるときは、心が辛い。

多分、不倫されていなかったら、不倫された人の気持ちなんて、到底理解できなかったと思います。

今、元夫に思うこと

別れた夫に対しては、2人の子どもを授けてくれてありがとう、という事くらいでしょうか。かと言って、私も人間として未熟なのかもしれませんが、感謝という気持ちは全く湧いては来ません。

最近では、憎しみという感情は消えかかって来ていています。かと言って、「元夫には幸せになって欲しい」とかも微塵にも思いませんよ。ホント(笑)

強いて言えば、「無」になってきたところでしょうか。

このブログを始めた理由

このブログを始めた理由は、私のように不倫で悩んでいる人に、離婚で後悔をして欲しくないと思ったからです。私が離婚する際にも、いろんな助言をしてくれる友達はいました。でも、落ち着いて聞けるような精神状態ではありませんでした。

不倫されたことだけでも、大きなショックでまともな思考ができないのに、離婚に向けて冷静な判断ができない人も多いんじゃないでしょうか。

このブログは、かつての自分のような人を、一人でも楽にしてあげたいという気持ちで始めました。

どうぞ、よろしくね。